役に立つ富裕層ニュース

04 2月

マンション種別とマーケティング

Posted in 投資全般 on 04.02.15 by Merlyn

マンションにはいくつか分類の方法があります。低層マンションか高層マンションかという分類や、新築マンションか中古マンションか、という分類もあります。さらにより根本的な分類方法の一つとして、居住用マンションか投資用マンションか、ということがあげられるでしょう。では、居住用マンションと投資用マンションではどういった点がちがっているのでしょうか?

居住用と投資用では、基本的なマンションの作りというものに違いはありません。ただ、売却の対象者がちがっているというだけです。居住用マンションはそのマンションに住む人を顧客として、直接販売を行うことになります。対して投資用マンションは、その物件を賃貸運用して投資効果を得たいと考えている人を対象にして販売を行うことになります。

そのため、基本的な物自体は同じでも、マーケティングの内容に違いがあることでしょう。当然不動産会社としても投資用マンションを販売する時には、個人投資家に対してどのような利益があるのか、とういことに主眼をおいた説明を行うことになります。

不動産会社としては投資用マンションを購入してもらうことが一番の目的となりますから、その情報を鵜呑みにするのではなく、しっかり検証して選択しましょう。

No Comments »

12 1月

気軽に行えるマンション経営

Posted in 投資全般 on 12.01.15 by Merlyn

老後はたくさんの生活資金が必要になるといわれています。その資金は多額であるといわれているため、現役時代からしっかりと資金づくりを行なう必要があるそうです。

しかし、日本では、これから将来において受け取ことができる年金が少なくなるため、ゆとりある生活資金は作れなくなっているとされています。少子高齢化が進むようになった日本では、さらに年金不安が高まるようになるとされ、生活資金の確保が難しくなるといわれています。

また、景気があまりよくない状態が続くようになった日本では、資金づくりは容易ではないことから、今後は大きな利益が得られる資産形成法が期待されるようになっています。

いま資産形成の方法として、不動産投資が行われています。不動産投資では、バブル時代とは違ってマンションを活用したマンション経営が行われるようになっています。マンション経営では、マンションを買って賃貸することにより、家賃収入を得る方法として人気があります。

マンション経営では、投資であってもリスクが少ないことが特徴です。この方法は、毎月のように安定した収入が得られるようになることから、これからの老後の資金づくりとして最適なものとされています。

No Comments »

14 12月

IFAとは何を示しているのか

Posted in 投資全般 on 14.12.14 by Merlyn

IFAという言葉を見たことがある人は多いと思います。この言葉はどのようなことを意味しているのかということを考えておきたいものです。

IFAは何を示しているのかということですが、独立したファイナンシャルアドバイザーということになります。
独立していることのメリットというのはどのようなことであるのかということですが、独立をしている分、利用者の利益というものに重点を置いていくことができるようになると言われています。

ファイナンシャルアドバイザーというのはしっかりと相談ができる人材でもあり、この相談がどれだけ充実したものになるのかによって、投資などの影響力というのは変わってくることになると言えます。
資産形成をしていくという場合に、素人の知識だけで上手くやっていくのはなかなかに難しいものになると言えます。
そのため、資産形成をしていく上でメリットを増やすためにファイナンシャルアドバイザーを利用していくことになると言えるでしょう。

ただ、頼り切ってしまうのではなく自分でも勉強をしていく必要もあると言えます。自分で勉強をしていくことで、アドバイザーとしっかりと充実した話し合いをしていくことができるようになります。

ご一緒に以下のブログもお読みください。
IFAに関する情報はこちらでご確認を!
詳しく知りたい方にお勧めです。

No Comments »

15 11月

近似するマンションの情報を集める

Posted in 投資全般 on 15.11.14 by Merlyn

マンション投資を行なう際、まず物件の選定というのが非常に重要になります。ただ、この物件の選定というのが、どのようなものであればマンション投資として効果を挙げることができるのか、というのは素人にとっては簡単に判断できるものではありません。では、マンション投資のために必要な物件の条件というのはどういった部分にあるのでしょうか?

基本的にはそのマンションの需要を見抜くことが肝心になります。市場原理の基本として、需要が高い物件程高い値段で販売することができるのです。これは賃貸というスタイルにおいても大きく変わりません。

そのため、まずは投資先として予定しているマンションの周辺にあるマンションの家賃についてリサーチしていくようにしましょう。駅までの距離や、周辺の施設などの情報を加味しながら、相似的な条件のマンションを見つけることが重要になります。

そうすることによって、投資先のマンションを購入した時に大体どのくらいの家賃でもって賃貸に出すことができるのか、ということが分かります。これに検討をつけることができれば、購入費用と比較した時の収益率に当たりをつけることができるようになるため、まずは情報を収集しましょう。

No Comments »

24 10月

資産形成でハッピーライフ

Posted in 投資全般 on 24.10.14 by Merlyn

お金は、大きな力があります。その力をコントロールできる人は意外に少ない傾向にあります。その原因として、お金に関する知識を教えてくれる場が少ないとういことがあげられます。お金は、社会人になって一生懸命働いて手にする給与のはずが、未成年から恐喝やオレオレ詐欺に加担して、お金を簡単に手にするという残念なニュースが飛び交います。

お金には、良いお金と悪いお金があるため、楽して手にした悪いお金では、決して幸せにはなれません。良いお金は、まじめでコツコツと働く人によってきます。そのような人が使うお金は、自分をはじめ周りの人を幸せにしてくれるのです。さらに、お金について理解するために、お金の流れを感じる力を身につけるといいでしょう。

お金は、まるで側のように私たち生活を循環しています。その流れは、滞ることなく一定のリズムなのです。この流れがあるからこそ、需要と供給が生まれ、お金に価値をつけることができます。つまり、お金の流れが悪い状態のことを不景気といい、まさに今、日本の状態がその状態なのです。

不景気だからこそ、資産形成をしておくことをおすすめします。貯蓄や投資などをはじめ、資産形成の方法はたくさんありますので、自分のライフスタイルに合った方法で自分の資産を運用するという強い意志を持つことで、お金がよってくる生活を送ることができますよ。

No Comments »

04 10月

複利運用における「72の法則」とは?

Posted in 投資全般 on 04.10.14 by Merlyn

複利運用を行なう場合、「いつ」までに「いくら」の資産を形成するのかという目標設定が大切です。

理由としては、複利運用での投資期間が長期化すればするほど、ハイリスクハイリターンの商品となってしまうからです。

目標を設定する場合に参考になる法則が「72の法則」と呼ばれる計算式です。この計算式では投資元本が2倍になるまでの期間を把握することが出来ます。計算式は以下の通りです。

72÷(利率)=(資産が二倍になるまでの期間)

例えば年利3%の銀行に預けたとすると、72÷3=24年で資産が約2倍になります。

また先に目標期間を設定して、その目標金額に達成する為には、どれくらいの利率で運用するべきなのかも把握することが出来ます。

例えば10年間で投資元本を2倍にしたいのであれば、72÷10=7.2%となります。つまり7.2%の運用を10年間行なうことによって、投資元本を2倍にまで増やすことが出来るのです。

複利運用には目標を設定するにあたって、参考になる72の法則というものがあります。ただこれから導きだされる解は正確な数値とは厳密には異なりますが、近似値を示すので判断材料としては非常に参考になります。

目標設定の際には利用しましょう。

富裕層の投資法を知りたい方は高岡壮一郎氏の見解が役に立ちます。

 

No Comments »