役に立つ富裕層ニュース

04 2月

マンション種別とマーケティング

Posted in 投資全般 on 04.02.15 by Merlyn

マンションにはいくつか分類の方法があります。低層マンションか高層マンションかという分類や、新築マンションか中古マンションか、という分類もあります。さらにより根本的な分類方法の一つとして、居住用マンションか投資用マンションか、ということがあげられるでしょう。では、居住用マンションと投資用マンションではどういった点がちがっているのでしょうか?

居住用と投資用では、基本的なマンションの作りというものに違いはありません。ただ、売却の対象者がちがっているというだけです。居住用マンションはそのマンションに住む人を顧客として、直接販売を行うことになります。対して投資用マンションは、その物件を賃貸運用して投資効果を得たいと考えている人を対象にして販売を行うことになります。

そのため、基本的な物自体は同じでも、マーケティングの内容に違いがあることでしょう。当然不動産会社としても投資用マンションを販売する時には、個人投資家に対してどのような利益があるのか、とういことに主眼をおいた説明を行うことになります。

不動産会社としては投資用マンションを購入してもらうことが一番の目的となりますから、その情報を鵜呑みにするのではなく、しっかり検証して選択しましょう。

No Comments »